業務用厨房機器の中古販売・買取商。商品は全てメンテナンス、クリーニング済み!「リサイクルヒット」

これから飲食店を始める方へ

  • HOME »
  • これから飲食店を始める方へ
これから飲食店を始める方へ

Step1 飲食店を開業したいと思ったら

まず、お店のイメージをはっきりさせましょう。
どんな雰囲気のお店にしたいのですか?
ターゲットとするお客様は?
「こんな雰囲気にしたい!こういう料理を作りたい!」
そこまでは皆さん色々と考えますが、失敗するお店でよくあるのは、「ターゲット」がはっきりしていないという事。
ここがしっかりしていないと、たくさんあるお店の中からあなたのお店を選んでもらうことは難しいでしょう。

Step2 飲食店の立地を考えよう

業態や客層によって「合う立地」「合わない立地」というものがあります。
ファミリー層を相手にするのか、サラリーマン層を相手にするのか?
当然、客層となるお客様がその地域にいなければ商売は成り立ちません。
あなたのお店に来てほしいお客様はその地域にたくさんいますか?
また立地によっては駐車場の有る無しが業績に大きく影響します。
もし希望する立地に駐車場が必要となる場合、テーブル数の2~2.5倍の車が入るのが目安です。

Step3 店舗は一から造るか、居抜きにするか?

店舗を構えるには3つの方法があります。
・建物を一から造る(新築)
・まっさらな物件に造りこんでいく(スケルトン)
・前に営業していた状態からスタート(居抜き)
新築>スケルトン>居抜き の順に初期費用がかかります。
どの方法にしてもメリット・デメリットは発生しますので、その特徴を考慮した上で理想のお店に近づけられる方法を選びましょう。

Step4 店舗の工事はどこに頼むべきか?

雰囲気をどこまでこだわるかによって設計事務所に頼むか、内装店舗屋に頼むか、工務店に頼むか、
看板だけ替えるか(居抜き)という選択肢が色々と分かれてきます。
工事会社によって作業可能範囲が変わってくるので、一度相談してみるのが確実でしょう。

Step5 店舗で使う食器や調理器具はどうする?

最近では100円ショップで食器や調理道具まで売っています。
ホームセンターでも調理道具など家庭では使わないようなものが売っていたりします。

まず食器です。
100円ショップなどでも自分のお店に合う気に入ったものが見つかるかもしれません。
ですが、お店には色々なお客様がいらっしゃいます。
その時「この食器○○で見たことがあるなぁ・・・」と思われる可能性はゼロではありません。
食器も自分のお店の一部と考え業務用のお店で一式揃えたほうが、お店のブランド価値を高めることに繋がるでしょう。

次に調理器具です。
これはほぼ毎日、一般家庭より長時間使っていくことになるものです。
プロの使う調理器具たちには使われる理由があるはず。
そんなことも考えて自分に合った道具を揃えましょう。

PAGETOP
Copyright © リサイクルヒット All Rights Reserved.